Nicky Hayden

「聖地ラグナセカ」を訪ねる旅② MOTO AMERICA

日本(大阪)から約8,900kmほど離れた距離にあるラグナセカへやっと到着。

ラグナセカは、近郊にあるPebble Beach Road Racesでスポーツカーレースを楽しむ愛好家のために1957年に建設されました。サーキットはモントレー群の所有であり、地域貢献とモータースポーツ文化の繁栄を目指しています。
2018年4月1日よりWeatherTech Inc.がメインスポンサーとなり「WeatherTech Raceway Laguna Seca 」となりました。 現在の最高経営責任者はTimothy P. McGrane氏。彼自身自動車の愛好家でイベント運営、資金管理など多彩な才能を発揮しています。 Timはラグナセカを世界クラスのサーキットにすることを目標とし、その実行に向けて活動すると明言。今後の動向に期待したいところですね。私が訪れた時は、日本の自動車会社で有名のマツダが命名権を取得していたため、 MAZDA Raceway Laguna Seca となっていました。もうMAZDA Racewayが見れないのが個人的に残念ではあります。


コースは全長3.602 km。コーナーは11個の左回り。
右コーナー 4 左コーナー 7 ファステストラップ以下の通り。

2016年 MOTOAMERICA  Josh Hayes  1:24.866
2016年 WSBK        Tom Sykes  1:23.522

2013年 MotoGP  Marc Márquez 1’21.539
2018年 WSBK   J・Rea     1’23.248

有名なコーナーで「The Corkscrew」と呼ばれる第8コーナー(Turn8)がある。
数々の名勝負が生まれた伝説のコーナーで、8コーナーから9コーナーの高低差は約33m。だいたいビル10階分の高さをレーシングスピードで一気に駆け降りる。

laguna_seca
Illustration by Jeremy Burnich/3D Racetracks

コークスクリューは人気のエリア 多くの観客がのんびり陣取ります。
写真にある丘を登った先にあるのがコークスクリューです。
何度も行き来すると大変でした。

2016年7月10日(土) その日の主な進行スケジュールは以下の通り。
Saturday, July 9
9:15am   Free Practice 3 FIM Superbike World Championship
11:30am  Superpole 1 FIM Superbike World Championship
11:55am  Superpole 2 FIM Superbike World Championship
12:10pm  Lunch
2:30pm  RACE 1 – FIM Superbike World hampionship
3:40pm  Superpole #1 MotoAmerica Superbike/STK 1000
4:05pm  Superpole #2 MotoAmerica Superbike/STK 1000


表題にもありますが、私のメインの目的は、全米スーパーバイク選手権の観戦。
当時、私が在籍していた会社がサポートする選手が参戦していました。
名前は、Josh Hayes選手 ヤマハのワークスチーム Monster Energy/Graves/Yamaha に所属。過去に4度全米の最高峰クラスにてチャンピオンを獲得したスター選手。

#4 Josh Hayes

日本国内でもレプリカヘルメットが販売されているところからAraiさんが重要視しているライダーということがわかります。


#4 Josh Hayes

お会いすることができたので写真を撮らせていただきました。

アメリカのサーキットは日本国内で味わえない開放感がありました。
お祭り感といえばわかりやすいでしょうか。
レジェンドマシンの展示、各種イベント、物販にグルメと楽しめます

Bubba shobert 1988 VF750 HONDA
Wayne Rainey GPz750 KAWASAKI
KELLY CLELAND
KELLY CLELAND

明るく陽気なアンブレラガールのケリー。風土なにか写真撮影も好意的にOKしてくれます。


土曜日の決勝レースは、World SuperBikeのみ開催 以下リザルト

1 1 J. REA GBR Kawasaki Racing Team Kawasaki ZX-10R
2 66 T. SYKES GBR Kawasaki Racing Team Kawasaki ZX-10R
3 69 N. HAYDEN USA Honda World Superbike Team Honda CBR1000RR SP

特に印象的だったのはkawasakiの圧倒的な速さ。しかもワンツーフィニッシュでの勝利。その中、地元で世界的に人気のライダーが久々の3位で表彰台を獲得。ニッキーが通過するたびに怒号のような応援が飛んでいました。改めて人気の高さと愛されるライダーであることがわかりました。私個人としても胸があつくなりました。


J. REA

T. SYKES

N. HAYDEN

明日は、World SuperBike、MOTOAMERICAともに決勝日。
自身としても悔いのないように、歴史を目に焼き付けようと初日に取材を終えた。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。