Circuit of The America ~MotoGPとMOTOAMRICAの旅②

Red Bull Grand Prix of The Americasは、4月12 – 14 日の間開催されましたが、Circuit of The Americaでのイベントは4/11日からスタート。

11日(木)は、お昼の12時からMotoGPのトップライダーと母国グランプリのライダーが参加して記者会見が行われた。


左から ジョー・ロバーツ、アレックス・リンス、アンドレア・ドヴィジオーゾ、マルク・マルケス、バレンティーノ・ロッシ、ジャック・ミラー

あまり広くないプレスルームにはメディアの人でぎっしり埋まります。撮影するのも場所取りが重要で隙間を狙って撮影します。ただ、フォトグラファーもいろんな角度からライダーの表情カットを撮っていくので、いつまでも良いポジションに居座らないので、少し待てば場所を譲ってくれます。。コスプレの撮影会とは違いますね。

記者会見の動画は下に掲載しておきます。

マルクはドヴィの話の時は、特に真剣に聞いているようだった
よく笑い多彩な表情を見せる
知的な印象はコース上のみならず、冷静に対応
リンスはメディアに対応に安定感がでてきた
ジョー・ロバーツは、アメリカのヒーローだ。声援やサイン攻めをよく見かけた。
また、アメリカの先輩レーサーに好かれている。
テレビには映らない部分。
記者会見が終わっても、囲み取材が10分以上は続く。MotoGPのアスリートは走るだけでは通用しない。世界中のメディアにコメントを求められるのだ。嫌がるそぶりも見せず対応する。
日本のレースシーンでは見かけない。。
記者会見は終わっても、木曜日はまだまだ準備中。
記者会見でのコメントはチームにとってライバル状況の判断材料になる。。
しずかに戦いは始まっているのだ。